お正月//江戸の名残


<新春 江戸・東京職人今昔物語>
■1月2日(水)~1月7日(月)
■ 横浜そごう8階催会場(最終日は午後6時閉)
受け継がれてきた匠の技。東京下町ならではの粋な人情とともにお楽しみください。

e0111719_23134679.jpg
e0111719_23141241.jpg
e0111719_23143541.jpg


≪生活道具≫ ≪江戸の粋≫ 
≪江戸の装身具≫ ≪江戸の遊具・人形≫
≪東京好み≫ ≪東京仕立て≫


■■ 生活道具 ■■

○手植ブラシ<平野刷毛製作所>
○桐たんす<町田桐箪笥製作所>
○竹細工<籠竹工芸所>
○鍛金<長沢製作所>
○手作り家具<三宅漆芸>


江戸切子<大久保ガラス>、江戸扇子<伊場仙>
■■ 江戸の粋 ■■

○浮世絵<悠々洞>
○江戸組紐<中川組紐工芸>
○履物<阿波屋>
○江戸切子<大久保ガラス>
○江戸千代紙<菊寿堂いせ辰>
○村山大島紬<田房工房>
○江戸漆器<中島漆器>
○江戸扇子<伊場仙>

 ■■ 江戸の装身具 ■■

○つまみかんざし<イシダ商店>
○江戸べっ甲<磯貝べっ甲>

------------------------------------------------------------------------

昔からの知人がこの会場で職人のひとりとして千社札や凧の実演をしている
そういうお知らせがあって今日デパートの閉店30分くらい前に行きました。
連絡もせず伺って今日は6時頃帰ったあとで本人にはお会いできませんでしたが
後日伺うということづけして帰りました。
以前から横浜そごうの一角にはジャパンショップといって
ちょっとセンスのいい和風の食器・雑貨のコーナーがありましてその延長線上のようです。

凧は以前家族を含めて回りに愛好家がおり良く凧を作っては空き地であげたり多摩川や海岸にも出かけたものでした。
日本凧の会の会長で日本橋の洋食屋さん(たいめい軒)の先代のご主人は部類の凧づきでお店の上には凧の博物館なるものも未だにあります。
名物のご主人も江戸凧で有名だった橋本貞三?さんも今は亡くなって現代の東京には江戸凧の直属の伝統を受け継ぐ方はいないそう・・・です。

今回は愛好家から始まってそれを本業にしてる方ではありませんが
無くしてはいけないという志で現在続けておられる人2名で参加されてるようです。

地方に行けば凧は生活の行事に組み込まれてる所もあるようですが東京は消えて行く一方です。
お正月だけでも粋な江戸庶民のお正月の気分を味わってみるのは如何でしょう?
福袋・新年のバーゲンだけがデパートではないかもしれません。


*今回参加者のHP
  http://members.ytv.home.ne.jp/staff-aoki/
[PR]

by time2007 | 2008-01-03 23:14