見てきた写真展・・・須田一政//眼界

■須田一政//眼界
e0111719_22374132.jpg


■2008.07.28~08.03
■PLACE M 20周年企画展
 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-2-11 近代ビル3F
 TEL/FAX : 03-3341-6107 
 http://www.placem.com/

 「何かが起きるのではないか」という期待や、「隠された意味」を求め続け、ある日ふと何も起こらない現実や映像の裏切りまでもすんなり受け止め、「目の前に存在するモノを見つめる私」を含んだ存在の感覚を楽しむようになった。写真を「作品」と呼ぶことは、一つの世界を所有することだ。だが、今の私にはその所有を放棄することも心地よく思えるのである。須田一政 

---------------------------------------------------------------------------------
今週の予定がはっきりしないので今日(7/28)行ってきました

とても好きな写真家さんです(今日の写真を見てもっと好きになりました)
写真を始める少し前WSとはどんな所か知りたくて担当の方にTEL連絡した事がありました
『もう直ぐ須田先生の展示がありますオープニングにいらっしゃいませんか?』というお話で
なにも解らないままお伺いした事がありました
ご本人とも一言二言お話させて頂いた記憶があります
本当に何も解らぬ私にもちゃんと対応して頂きとてもソフトな印象を受けました
その時の展示も素晴らしく郊外の夕暮れの踏み切りの写真 
ゆっくり降りる遮断機の時間がブレ具合で伝わるとてもステキな写真でした
(今でも映像が浮かんできます)
そのWSは参加出来なかったのは凄い人気で参加者が余りにも多過ぎたからでした
批評会は何処かの甘味どころと言うのも印象的でした

それ以後モノクロの写真を見たのは横浜美術館の写真の常設展でした。
美術館のコレクションでしたが数も多く素晴らしい写真でした(1年半くらい前)

そして今回カラーとモノクロの写真が混じっての展示
写真は最近のものなのか以前のかは解りませんが
作家のコメントにもありますように大作家さんですが写真に向かう気持ちが若々しく
気負っていない写真が静かに見る者に何かを訴えるような感じがしました
もしかしたら卓越された目で物事を見ておられるのかもしれません
(それが見る者に響くのかもしれません)

最近は体調もお悪いそうですがそれでも少し調子がいい時にシャッター押されてるようです
出来たらもう一度観に行きたい写真展です。

by time2007 | 2008-07-29 01:15 | 写真関連